発明の経緯~発明プロローグ~

  • HOME>
  • 発明の経緯

開発者が語る!レインボー療法 発明の経緯

小野田 順亮

小野田 順亮

レインボー療法創始者
国際レインボー療法学会 会長
日本予防医学会 監事
融合医療研究会 顧問

1941年生。25歳の時、東洋医学の施術に感動。その後独学でアーユルヴェーダ医学、チベット医学、中国伝統医学、仏教医学等を学び、陰陽調和の食養生を提唱。経絡の流れを正す施術道具「レインボーパワー」「レインボーテープ」を考案開発し、「レインボー療法」と名付けたトータルヘルスケアを確立。1992年より本格的に講演活動及び普及につとめ、現在までに2千名を超える柔道整復師、鍼灸師、整体師、医師、歯科医師などがレインボー療法を取り入れている。

私が施術に関わるまで

25才のとき、衝撃的な出来事に出会い感動しました。それは友人と駅構内を歩いていたときのことです。
階段の隅に苦しそうにうずくまっている女性がいました。友人は女性の連れの人から「過喚氣症候群の持病がある」と聞くなり、鼻の下とみぞおち辺り、前腕の真ん中を指で押しながら、紙袋でゆっくり呼吸をさせると楽になっていきました。
当の女性は、それはそれは感謝していました。

友人は柔道整復師と鍼灸師のライセンスを持ち、父親と一緒に柔道を教える道場とほねつぎの看板を掲げた施術院を経営していました。私の家から近くなので、父親の神業的な手技を何度も拝見しました。
泣きながら腕をブラブラさせ、母親と駆け込んできた腕白坊主の肩関節の脱臼を、いとも簡単に整復したり、それは見事なものでした。

私としては劇的なシーンをたびたび見ている間に、学んでおけば何時か役立つかもしれないという考えで、医療を学び始めました。世界各地の伝統医療の世界も覗いてみたくなり、仕事の合間にインド伝承医学アーユルヴェーダや神秘なるチベット医学、4千年の経験と統計の中国伝統医学、治療も合わせ持つ仏教医学、苦難の宿命を乗り越えたホ・ジュン先生の韓医学等を学ぶ自分がいました。しかし、学ぶだけで実践はしないまま年月は流れていきました。

“手当ての旅”の始まり

施術と違う業界で仕事をしていましたが、50歳を前に転機が訪れます。
20代後半のころ、私のもとに大学生が集まってくることがあり、社会人としての心構えを講義していました。
そのころの数人に連絡を取り、20年以上を経て現在どうしているか訪ねました。
その中である一人は、高校の数学の教師をしていたのですが、教師を辞めていました。

「なぜ辞めたのか?」「今は何を職業としているのか?」と聞いてみると「今は施術家を業としています。学校で30名の生徒に教えるのも大切ですが、病氣や痛みで苦しんでいる人たちを助けて感謝をいただくことに心から満足しています。」と語りました。
彼の真摯な施術姿勢を目の当りにして、「俺も施術家になりたい!」という衝動に駆られました。
それからは今まで以上に学びに学びました。年齢的に考えても追い付き追い越すために・・・
ただ不思議と20代から学んだことが活かされていることに感謝しました。

施術家として歩み始め、1人ずつ病める方を想い施術を重ねていくと、有り難いことに口コミでたくさんの患者さんが訪れるようになりました。
施術家を志してから2年後(1990年)、私は御縁のあった大阪市北区のお寺で、ご厚意により施術場所を提供していただき、“手当て”と称して氣功施術をしておりました。門前まで1日100人以上が並ぶ日があるくらいたくさんの患者さんに来ていただきました。

手当て指導開始と教える事の難しさ

手当てによる施術はどうしてもある程度の時間がかかり、1日にできる人数は限られます。
いくら外から氣を取り込んでも自分の精神力と体力は消耗しますので、朝方に比べ夕方はどうしても効果が落ちます。
その中で、患者さんやそのご家族が「自宅でできる手当て法を教えて欲しい」、また施術家の方が「自分の施術法に加えたいので学びたい」という要望が増えてきました。

自分の中の感覚をもとに指導を始めましたが、すぐに上達する人と、努力を惜しんでいないのに上達しない人がいました。
効率よく施術をするためと、弟子に経験を重ねさせるために手伝いをさせていましたが、施術技量に差があるため、どうしても私のところにばかり患者さんが集中してしまいます。

結果としてほとんどの弟子は、私が納得できるレベルには育ちませんでした。どうすれば誰もが効果が高く安定した施術ができるようになるのだろうか・・・。自問自答を繰り返していました。

施術家の「能力・技術の“差”」をうめる器具を作りたい

私以外でも、伝統療法や民間療法の施術家はたくさんいらっしゃいますが、どうしても「能力・技術の“差”」が生じてしまうものです。
このような経験から、自分への問いかけが2つ浮かび上がりました。

(1)誰でもカリスマ施術家と同じレベルの施術ができるような補助的器具を作れないか?
(2)私自身がもっと短時間で患者さんを施術できる補助的器具が作れないか?

この問いかけの答えを満たすべく、器具開発の研究が始まりました。

“流れの停滞”を解消する器具

自然界では風や水の流れが悪いところで吹きだまりになり、汚れや腐食が発生します。
固体が形態を維持していくために腐食は避けなければなりません。風や水の流れが良いところは、エネルギーの新陳代謝がスムーズに働き清浄に保たれます。

このように“流れ”は大変重要な要素です。私は痛みや不調の正体も“流れの停滞”だと考えています。中国伝統医学では「不通則痛、通則不痛」といって「流れの通りが悪いときは痛みが発生し、通りが良くなれば痛みは消える」と教えています。
痛みが有る場所は「流れ・通りが悪い場所」です。流れ・通りが改善すれば、痛みは解消します。
ですから、私の施術は「詰まりを解消して、流れ・通りを良くすることで、痛みが改善する」ということを目的としています。

私達の生活で例えれば、自動車の渋滞が解消したときに嘘のように流れがよくなり快適さを感じることや、水道管の詰まりを解消したときに、スーっと心地よく水が流れるのと同様です。
ですから「身体の流れの停滞を改善し、心地よい流れを取り戻す器具」というのが、私が施術器具を作製する際のテーマです。

PAGE TOP