レインボー療法とは

  • HOME>
  • レインボー療法とは

レインボー療法

レインボー療法

レインボー療法は、日本の施術家・小野田順亮先生が考え出した東洋医学の流れを汲む施術法です。
古来より伝わる伝統療法・民間療法を研究すると共に、多数の施術家の協力を得て、膨大な数の患者さんに施術した経験を通して1992年に確立されました。

虹(レインボー)の7色のように、人体を青・赤・黄・白・黒・緑・紫の7種類のタイプに分け、そのタイプにあわせた施術をする事からレインボー療法という名が付けられています。

「あらゆる不調は、その不調部位を通る経絡の流れが悪くなっている」と考えており、その流れを改善させる必要があるとしています。
経絡の流れを改善させる為に、東洋医学では鍼やお灸などを使用しますが、レインボー療法では形状と鉱物の力を利用した特殊な指圧棒「レインボーパワー」と、色の力を利用した7色の施術用テープ「レインボーテープ」と呼ばれる道具を、経穴(ツボ)や不調部位にアプローチすることによって「経絡」の流れを整え、自然治癒力を引きだします。簡単に言えばツボ療法です。

東洋医学には大きく分けて2種類あります。

  1. 「内側からの刺激」~漢方薬や薬膳など
  2. 「外側からの刺激」~鍼・灸や指圧など

レインボー療法は2の「外側からの刺激」に属します。

鍼灸師さんが鍼治療の代わりにレインボー療法を使用される例も多いので「刺さなくても良い鍼治療」と表現される方もいらっしゃいます。身体を傷つけないので安心・安全な上に、他の療法と併用しながら施術ができます。

レインボー療法は「鍼灸・指圧など」と同様に用いますが、具体的には次のような不調に対して施術を行います。

  • 「コリ・痛み・しびれ・可動域制限」
  • 「身近な不調」
  • 「健康維持・未病対策」

レインボー療法を利用されている先生方は国内外で2千名を超え、その内訳は柔道整復師・鍼灸師・整体師・医師・歯科医師などの先生方です。各地で開催されている研修会・学術大会には新しい先生方が続々と参加されています。
導入された先生方からは「患者さんも増え、喜びの声がたくさん聞けました」「レインボー療法を始めてから、実費施術の割合が半分以上になりました」「様々な施術を学びましたが、特に痛みしびれに対しては最高の施術法だと思います」「施術に力が要らないから、長く施術家人生をおくれます」などの声をいただいています。

経絡とは

経穴と経穴を結んだ線の事で、鍼灸や指圧の理論体系です。体液やエネルギーの“流れ・通り道”を指し、身体の内外・上下・左右・臓腑を繋げる連絡通路と言われています。この経絡に停滞が生じると体に不調が起こりやすくなるとされ、鍼灸や指圧、そしてレインボー療法では、経絡上のツボを刺激する事により停滞を解消させ、不調の改善をはかります。

経路をもっと詳しく知りたい方はこちら

レインボー療法の特徴

  • レインボーパワーレインボーテープという施術道具を、経穴や不調部位にアプローチする事によって経絡の流れを整え、自然治癒力を引き出す療法です。
  • 人体を青・赤・黄・白・黒・緑・紫の7種類のタイプに分け、そのタイプにあわせた施術をします。
  • 適応する不調は広範囲で概ね東洋医学の範疇です。
  • 主に「コリ・痛み・しびれ・可動域制限」に対し、良い結果を出しています。
  • 身体に傷を付けないので、恐怖心を与えず安心で、皮膚面の消毒も不要です。
  • 手技や他の療法と併用できます。
  • 鍼灸師のライセンスがなくても使用出来ます。
  • 施術に力が要りませんので、施術者にとっても身体に無理なく利用できます。
  • 健康維持のため、自分自身にも施術ができます。
レインボーパワー
レインボーパワー
レインボーテープ
レインボーテープ(丸タイプ)

注意事項

レインボー療法の研修会参加・器具卸購入は「施術院の先生(院長・スタッフ)専用」となっております。一般の方(施術院以外の法人含む)の研修参加、器具卸購入は基本的に出来ませんので、ご了承下さい。
特例として、開業前でも柔道整復師・鍼灸師・按摩マッサージ師・医師・歯科医師・理学療法士・作業療法士・看護師の国家資格取得者もしくはその専門学生の方は、研修参加・器具卸購入可能です(施術院を開業されている方の国家資格の有無は問いません)。

レインボー療法で使用する器具は、あくまで健康器具です。健康維持のための補助的な器具としてご利用下さい。
また、現在進行している他の治療法を止める行為や、医師法・薬事法などに抵触するような使用方法・販売方法は絶対にしないで下さい。上記の法例遵守の側面より、難病・命に関わる病氣・骨粗鬆症の方・妊婦さん・乳幼児・ペットへの施術は行わないでください。

PAGE TOP